2017-07-03

    平成28年度の預託金の運用状況について

    各都道府県の市町村職員共済組合では、全国市町村職員共済組合連合会が管理している長期給付積立金(平成27年10月1日からは「経過的長期給付組合積立金」)の一部を「預託金」として預かり、県内市町村の縁故地方債の引受けや、貸付事業の資金として利用していますが、「預託金」の運用状況については、その透明性の確保を図る観点から、毎年、すべての各構成組合の預託金の運用状況について、各構成組合のホームページなどで公表することが義務付けられております。

     そこで、本共済組合における平成28年度の預託金の運用状況を、添付ファイルのとおりお知らせします。

      ※「予算と決算」のページにおいても掲載しております。
        (http//www.kyosai-nara.jp/budget/index.html)