2016-06-21

    退職等年金給付に係る給付算定基礎額残高通知書の送付について

     平成27年10月1日に被用者年金制度が一元化されたことに伴い、改正前の共済年金における3階部分(職域部分)は廃止され、退職等年金給付(年金払いの退職給付)制度が新たに創設されました。
     退職等年金給付制度は、国民年金・厚生年金といった公的年金とは異なり、将来自分が年金を受給する際に必要な原資を、あらかじめ労使折半による保険料で積み立てる積立方式による給付になり、将来の退職等年金給付の原資となる額を給付算定基礎額といいます。
     この給付算定基礎額は毎月積み立てられるものであること及び基準利率が毎年改定されるものであることから、年金保険者は「給付算定基礎額残高通知書(圧着ハガキ)」を作成し、前年度に積み立てた給付算定基礎額等に関する情報を該当者の方にお知らせすることとされており、今年度は6月下旬に該当者のご自宅に直送させていただきます。

    ※下記PDFファイルに、通知書(圧着ハガキ)の見本、通知書の見方等を記載した案内文書を収録しておりますので、ご参照ください。