2015-07-01

    長期給付積立金の預託金の運用状況について

    市町村職員に係る共済年金につきましては、平成19年度から全国市町村職員共済組合連合会(以下「市町村連合会」という。)へ一元化が図られたことにより、公的年金に係る長期給付積立金についても市町村連合会が一括して管理を行なっております。
     ただし、その長期給付積立金の一部については、構成組合において必要な資金として、預託を受け運用を行なうことが認められていますが、その預託された長期給付積立金の運用状況については、その透明性の確保を図る観点から、毎年、すべての構成組合の預託金の運用状況等について、各構成組合のホームページなどで公表することが義務付けられております。
     そこで、本共済組合における平成26年度の長期給付積立金の預託金の運用状況を、添付ファイルのとおりお知らせします。
     ※予算と決算のページにおいても掲載しております。
      (http://www.kyosai-nara.jp/budget/index.html